ネット上のオリジナル小説を紹介。恋愛もの中心。簡易データベース。更新停止中のサイト多め。ネット小説をお探しの方はカテゴリまたはタグからどうぞ。


by toka-novel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【wonder wonderful】

長編/完結/異世界ファンタジー/恋愛/
異世界迷い込み/20代後半の主人公/姉妹/

妹は異世界への常習旅行者。
ただの良き理解者であり、聞き役であったはずの姉が
ある日、妹の危機に異世界へ飛び込んで・・・。
若き王の恋人でもある妹の姉として飛び込んだ王宮で、
突如現れた姉に向けられた視線は決して優しいものではなく。
大人の異世界恋愛ファンタジー。〈HP小説紹介文より〉

10代の女の子が異世界に迷い込んでその国の王様と恋愛をするというのが「異世界迷い込み」の王道パターン。その王道で言うとたぶん外伝に当たるであろう話がこの小説です。10代のうちしか異世界に行けないのか、学生で世間知らずな純真さを持っていればいいのか、天涯孤独でないと行けないのか、などなど。王道のお約束に突っ込むのは野暮ですが、どこかしら違和感を覚えて突っ込みたくなるのが人のサガ。この小説は突っ込む代わりに視点を変えて別の形で示した、ようにも思えます。
社会人スキルをバリバリ発揮して、「異世界」としてではなく一つの「現実」として目の前の出来事を捉えようとしていく姿は10代主人公では味わえない小気味よさの一つ。姉さんついていきますと言いたくなるような立ち居振る舞いはどの世界でもかっこいいもんですね。もちろん恋愛要素もあり。10代のように何もかもを捨てて恋に走ることはもうできない主人公が出した答えとは?とりあえず「大人」であろうとする人目線で見る物語も面白いもんだと気づかされました。収穫。でもこういう主人公が自分の周りにいたら私は、ですけど、ちょっと自分と比べちゃってきついかも、なんてことも思っちゃいます。(だめ人間ですみません。)
イースト・プレスより上下巻で発売中。

サイト:therehere[河上朔/イチ様]
[PR]
by toka-novel | 2008-11-14 23:37 | 恋愛・ファンタジー[完結]
短編/連作/洋風/ファンタジー/恋愛ではない/
主従/国王/侍女/お茶/

「何をしている」
出会いはある意味衝撃だった。
「見て、お分かりになりませんか?」
攻め入った敵国の王宮で、彼女は干してある毛布をとり込んでいた。
滅ぼした国の王と、滅ぼされた国の侍女の日常話。人間嫌いの国王が連れ帰ったのは、敵国の侍女でした。周りをひやひやさせながら、ふたりは至って平然と暮らしています。
〈本文+登録用紹介文より〉 

淡々と進む感じがお気に入り。過去も思いも捨て去ったわけではないのだから、淡々とした日常の隙間から二人の遠い記憶を慈しむ思いが零れ落ちます。お茶によって繋がれる思い。二人の幸せを祈ってしまうようなお話です。

サイト:田園地帯[野畑彬様]
[PR]
by toka-novel | 2008-07-25 12:07 | ファンタジー[完結]

【OSE】

中編/連載中/若干ファンタジー/恋愛…?/
娼館/娼婦/オーナー/貴族/性表現あり/残酷表現あり/シリアス/
悪徳の「オセの家」へ売られてきた少女。娼婦として働くつもりだった少女は思いもよらない仕事を任される。「オセの家」オーナー・ハーヴィスと猫カテリアとの生活の中で少女は何を見るのか。〈HP小説紹介ページより〉
闇の中に浸っていたかった少女が連れてこられたのは悪徳の店「オセ」。けれどそこで与えられた仕事は闇の仕事ではなく、ひどく穏やかな仕事で。不安の中にも幸福を忍び込ませ、幸せの中でも不幸を忍び込ませるこの書き方はうまいなあと思ってしまいます。成長する少女は「闇」の中で何を見つけるのでしょうか?

サイト:tea drops[紅葉ひろ様]
[PR]
by toka-novel | 2008-07-04 14:14 | 恋愛・ファンタジー[連載中]

【Vice-King Selection】

追記:ついにリンクが切れてしまいましたね…。お疲れ様でした。
長編/連載中/更新停止中/ファンタジー/恋愛(未満)/
魔女/王女/皇子/政略結婚/兄弟/親子/
「ケッコン……ですか」
半年付き合った少年に別れを告げられた翌日、ユミルは父に結婚を奨められた。
来月の誕生日までに、夫を定めろと言うけれど……。
「……まあ十分予想された事態ですが。それよりも親父殿。この中の何人が、わたしの『本業』を知ってるんです?」〈HP小説TOPより〉

設定・キャラクターの心情・ストーリー展開など文句なしです。主人公の本業を決め、それでも自分に与えられた副業をおろそかにしない生き方には惚れ惚れします。カオパラらんきんぐで長く上位だった作品(確か)。残念ながら数年前から更新は停止中。
作者は黒皇子と白皇子とどっちとくっつける予定だったんだろうか。両方選ぶかそれとも選ばないという選択肢もあの主人公ならあり得るけれども。義経なみに兄上一直線な黒皇子か、ロイヤルスマイルの下に野望と少しの切なさを持っている白皇子か。やっぱり黒皇子かな?

サイト:Seasonal Value[蔡糸様]
[PR]
by toka-novel | 2008-06-08 18:45 | 恋愛・ファンタジー[連載中]