ネット上のオリジナル小説を紹介。恋愛もの中心。簡易データベース。更新停止中のサイト多め。ネット小説をお探しの方はカテゴリまたはタグからどうぞ。


by toka-novel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:短編連作 ( 15 ) タグの人気記事

短編/連作/完結/現代(ファンタジー要素あり)
大王/宇宙人/空き缶/日常

変な空き缶似の宇宙人と、それを飼う普通の人たちとの微妙な交流ショートショート。
怖くない恐怖の大王を中心に、主人公の「私」こと加奈子、妹の靖子、天然で突っ走る母、滅多に登場しない父が素で繰り広げる日常生活。〈HP小説紹介文より〉

夜中に読むとじわじわときます。腹がよじれるほど笑えます(真剣)でも時事ネタが多いので今読み返してみたら当時ほど笑えなかった。残念。あまりにも大王が姉妹たちの日常に溶け込んでいて違和感がないことに驚くことは請け合います。
別作品ですが『やおろず』がイースト・プレスより出版されています。

サイト:へいじつや[古戸マチコ様]
[PR]
by toka-novel | 2008-06-18 17:25 | 現代[完結]
短編連作/現代/
家族/誘拐/子供/兄弟

感じてください。家族愛。感じさせましょ。世界に溢れるこの愛を。
河野家の四兄弟と彼らをとりまく人たちのあれこれ。〈HPより〉

家族愛は強し。女は強し。
小さな頃両親を亡くした四兄弟(男女男男)の日常。互いに互いが絶対の存在である兄弟たち。四兄弟の強さがやさしさがあるならば、失くした部分を「新しい家族」を迎えることでこれから埋めていくことができると思います。

サイト:二丁目七番地[あいこ様]
[PR]
by toka-novel | 2008-06-14 01:29 | 現代[完結]

【無色空間】

追記:閉鎖されました。お疲れ様です。
短編/連作/現代/
会話/夢/

なぜか二人で夢の中。毎夜夢の中で繰り広げられる男女の会話。
姿見えぬ暗闇でのおしゃべりは、五ヶ月目に入っていた。
「今、おれは猛烈に困っている」「何?」──会話中心の中編小説。〈HP小説紹介文より〉

テンポのいい掛け合いが気持いい。〈「難しいでしょ。普通のことをあえて地味にやるの」〉と現実世界で言い切る女が言葉を返すのだから面白くならないはずがない。続編もあり。いろいろと説明するとネタバレになるのでここまで。

サイト:あるいは青色[はた様]
[PR]
by toka-novel | 2008-06-11 21:46 | 現代[完結]
短編/連作/現代/恋愛/
バー/マスター/結婚/片思い/バツイチ
「エロエロマシンガン」 ・・・・・ 「私が好きなのはドライなヤツか甘いヤツ」
「ストロベリーぴんく」 ・・・・・ 「10年近く あの女に恋してたわけだ」
「レインボウ サワー」 ・・・・・ 「花嫁を見つめる優しい、だけど哀しい眼」
「スノウ ドロップ」 ・・・・・ 「二人きりの家族だった」
「オレンジ スカイ」 ・・・・・ 「でも、たぶん、救われた」
「はにぃベイベー」 ・・・・・ 「ある程度は好きだと思う」
「シュガー エッグ」 ・・・・・ 「落としてみようかな、と簡単に思った」
「ハイパーシンデレラ」 ・・・・・ 「ゆーあーべりーきゅーと!」〈HPより〉

変わった名前のカクテルを作るバーのマスターとその周辺の人々のお話。オムニバス形式で繋がっています。
まっすぐに生きてぶつかって泣いて笑って諦めて受け入れて。強くも弱くもない普通の人たちがただ生きているだけ。そんな話です。

サイト:祐tasuku[祐様]
[PR]
by toka-novel | 2008-06-10 21:11 | 恋愛・現代[完結]

【パンチとジュディ】

短編/連作/現代/恋愛?(友人以上恋人未満)/
親友/友達/恋人/家族/

柊 長司 Hiiragi Tyouzi
柔らかな物腰と言動(一部例外)を持つが、それに感情は伴っておらず、ある意味冷たい 過去にイロイロとあり、兄に多大なコンプレックスが 本の傾向は雑食で哲学っぽいものから漫画まで幅広く 家事全般が主婦並に出来る
端野 安寿 Hasino Anzyu
中学までは黒髪だった小動物っぽい、可愛い系 調理部員だが料理は雑 キャラメル、抹茶ラバー 無邪気で破天荒な面と、ドライな面を併せ持つ 長司と行動を共にしているため、男寄り付かず 本人は恋愛に興味がない様子 〈HP登場人物紹介より〉

「ラク」だから一緒にいる。この関係に名前をつける必要性はあるのだろうか?恋人なんて甘ったるい感情はなく、でも家族のように踏み込ませてもくれない。他人はこの関係に名前をつけようとするけれど。ただ、隣が、居心地がいいだけなのに。
「カラメル」という題をつけた連作の中の一つ。長司と安寿の友人以上恋人未満のお話。間柄に名前をつけて、その名前の領域を超えて接することができなくなるというのならば二人の関係はただの「長司と安寿」でいいんだろうなあと思ってしまう。こういう関係にはちょっと憧れる。サイトの作品全体が同じ世界でオムニバス形式になっています。

サイト:青海堂[アヲ様]
[PR]
by toka-novel | 2008-06-09 20:26 | 恋愛・現代[完結]